2009年 05月 10日 ( 1 )
ハプニング
ナイトシャマランのハプニング。
同じ場所にいる人間が集団で異常行動を起こし次々と自殺していくというミステリー映画。

この映画の中で話題が出るミツバチの大量失踪。
日本でも最近ニュースになってるけど、アメリカやヨーロッパでも起きてるらしい。
原因はいろんな説があるようだが、不明。
死骸が見つかれば原因が分かるかもしれないけど、失踪なので調べられないみたいだね。
ミツバチがいなくなったからといって大きな影響があるのか疑問かもしれないけど、農作物の中でミツバチが受粉を行っている割合は、国によって違いはあるみたいだけど割のオーダー!
アインシュタイン曰く、ミツバチがいなくなったら人類の余命は四年らしい。
日本では平成20年の夏の調査で群れの数が前年比14%減。
確実に減ってるけど、結構微妙な数字だな…。
f0181127_11454613.jpg
話は映画に戻して、集団自殺の原因は神経ガスによるテロ説がニュースで流れる。
主人公たちが農村の家に食料を分けてもらおうとすると、毒ガスが家に入るかもしれないことと、主人公たちがテロリストかもしれないという恐怖から住人に発砲され脇役二人が死亡!
恐ろしいね。新型インフルエンザでパニックが起これば、こんなこともありそう。
もちろん今の段階ではないと思うけど、強毒性への変異とか鳥型の新型ウイルスの大流行で大量の死者が出たりしたらわかんないな。
なんかタイムリーな時に見てしまった。
[PR]
by ski-saiko-dotkiz2 | 2009-05-10 11:46 | 映画